STORY

テクノを初めてメジャー・フィールドに持ち込み、日本のポップ・ミュージックの歴史を大きく変えた電気グルーヴは、なぜ結成26年を迎える今もなお、唯一無比・唯我独尊・イノベイティヴな存在であり続けられるのか──。
26年間の膨大な映像からピックアップした貴重なシーンと、元メンバーやスタッフやミュージシャンや関係者など、電気グルーヴと関わってきた17人の証言により、電気グルーヴの26年間を総括するヒストリームービー。
1989年8月20日に大阪・十三ファンダンゴで行われたデビュー・ライヴなど初めて世に出る映像や、海外のミュージシャンを圧倒するほどに超満員のオーディエンスを熱狂させた2014年7月25日の『FUJI ROCK FESTIVAL’14』グリーンステージでのパフォーマンスまで、ライブ映像もふんだんに収録。数多くの秘蔵映像や楽曲とともに、電気グルーヴの歴史が語られる。

監督は『モテキ』『恋の渦』『バクマン。』で知られる、「東洋一メジャーとアンダーグラウンドの境界線のない男」大根仁。結成、インディー時代、デビュー、『VITAMIN』での覚醒、『ORANGE』期の危機、“Shangli-la”『A』での大ブレイク、まりん脱退、活動休止、そして卓球と瀧、ふたりでの本格始動まで──。

電気グルーヴは、なぜ『FUJI ROCK FESTIVAL』のグリーンステージに立ち続けることが出来るのか?
電気グルーヴは、なぜ26年ものあいだ常に新しく、誰にも真似できない存在でい続けることが出来るのか?
電気グルーヴ。石野卓球とピエール瀧。
二人の26年間の物語が、いま明かされる。

SCENE

収録ライブ映像


  • 大阪十三ファンダンゴ(1989/08/20)
  • ※電気グルーヴのデビューライブ。本作にて初公開。
  • 新宿LOFT「DG NO.1」(1989/11/27)
  • 原宿クロコダイル「NEW WAVE‘90S」(1990/02/11)
  • 新宿ロフト「いちご超天然色Vol.3」(1990/04/25)
  • 代々木チョコレートシティ「HOME BASS」(1991/01/13)
  • 日本武道館「C&C MUSIC FACTORY」※オープニング・アクト(1991/06/28)
  • 日清パワーステーション「とびだせ!!電気GROOVEの大百科NIGHT」(1991/08/01)※MCのみ
  • 渋谷パブリックホール「仏恥義理TECHNO GROOVE TOUR」(1991/11/17)
  • 日比谷野外音楽堂「第6回野糞探し大会」(1992/05/23)※MCのみ
  • 日清パワーステーション「HARUO IN DANCE BEAT」(1992/07/23)※MCのみ
  • 日本武道館「全国鼻毛あばれ牛」(1992/11.02)
  • 東京ベイNKホール「野村ツアーFINAL」(1994/01/08)
  • 日比谷野外音楽堂「10TH ANNIVERSARY野ぐそ飛ばし大会」(1995/08/27)
  • 新宿リキッドルーム「歌う糞尿インターネット攻略本」(1997/03/18)
  • FUJI ROCK FESTIVAL’97(1997/07/26)
  • 赤坂ブリッツ「TOUR 野球ディスコ」(1997/08/16)
  • 横浜アリーナ「WIRE99」(1999/07/03)
  • Zepp Tokyo「2001:A SPACE SHOWER ODYSSEY」(1999/12/16)
  • 横浜アリーナ「WIRE04」(2004/07/17)
  • 幕張メッセ「SUMMER SONIC 2005」(2005/08/13)
  • ※“電気グルーヴ×スチャダラパー”としてのライブ。
  • FUJI ROCK FESTIVAL’06(2006/07/29)
  • 恵比寿リキッドルーム「こう言えば三太夫」(2008/04/01)
  • 恵比寿リキッドルーム「電気グルーヴ結成20周年ライヴ“俺っちのイニシエーション”」(2009/07/11)
  • Zepp Tokyo「ツアーパンダ」(2013/03/13)
  • FUJI ROCK FESTIVAL’14(2014/07/25)